Hetarchive.net  ::  Index | Main story | Comic Diary | Non-Linear | Extra | Events | Birz | World Stars | Deleted | Old Blog

Original | Scanlation: youkofujima
LJ Post














































■That Evening■





■スウェーデン・ポーランド戦争■

ポーランドの王様ジギスムンドが
スウェーデンの王も継承しようとしたのが事の発端。

その頃この二国の宗教はスウェーデンが
プロテスタントだったのに対して
ポーランドがカトリックでした。


そこでジギスムンドは
「このさいスウェーデンもカトリックでよくない?」
ってな感じで勝手に改宗を進めようとしたため

「宗教変えるような王様はいりません。お引き取りください」
とスウェーデンから丁重に御返却されてしまいました。


怒ったジギスムンドがポーランドを引き連れ
スウェーデンに復讐を謀るも、返り討ちにあい
リヴォニア(ラトビアの半分)を取られてしまった戦争です。



■タンネンベルクの戦い■

ポーランドリトアニア連合とドイツ騎士団の因縁の対決となった。

戦いは戦い慣れしたドイツ騎士団の有利に進み
リトアニア軍は逃げ出し、ポーランド軍も窮地に立たされました。

ドイツ騎士団が相手を壊滅させたとニヨニヨしてるうちに
逃げたと思われたリトアニア軍が軍を整え直し
油断しまくっていた騎士団めがけて総攻撃をしかけました。
結果は騎士団の惨敗。

当時不敗と言われていた最強のドイツ騎士団を
破ったことによってポーランドは大国の仲間入りを果たします。

漫画ではピンチの時に仲間が来るなんて展開よくありますが
リアルでやっちゃうのがリトアニアの素敵なところです。



■スウェーデンの異常なまでのあきらめのよさ■

スウェーデン人は異常なまでにあきらめが早く
なんでそこで兵を引くのってところで
簡単にさっさと兵を引いたりします。
(対デンマーク戦や対ロシア戦 in フィンランドなど)



■突撃王様■

ポーランドの王様は上記のタンネンベルクの戦いで
リトアニア軍が逃げてポーランド軍もボロボロな状態に
ブチ切れて一人突撃をかまして味方の兵に止められました。
ちなみに兵士一人討ち取ったそうです。

Axis Powers Hetalia and its characters belong to Himaruya Hidekaz and Gentosha comics.